昨日は思い切って、

もう解体が始まっているだろう豆庭ビルを見にいきまいした。

ところが全く解体作業が始まっていませんでした・・・。

 

立ち退き作業中に解体業者の下見があったし、

解体スケジュールが組まれていて駐車場になると聞きました。

ビルの背面に行くルートがないとか、

足場を組むスペースが十分にないとかで

見送りになったのだろうか・・・。

 

さて、最近どうしているか聞かれるのですが、

月曜日は開業前から長らくお世話になっている酒屋、

「小松屋」さんに、小松屋さん直営のブラッスリーブーにて、

色々相談に乗ってもらいました。

 

小松屋さんは少なくとも大阪ではいち早く、

美味しく健康的に飲めるビオワインに着目し、

その普及に努めてとても成功されている会社です。

私がフランスから帰ってきたばかりの頃、

フランスではなく小松屋さんによって、

ビオワインの美味しさに開眼させられたのでした。

 

仕事をする上での苦労や悩みを聞いてもらって、

小松屋さんではどうしているのかなど勉強させてもらいました。

 

矢印小松屋さん社員のマリちゃん&ブラッスリーブーのティラミス&

ビオワイン”キュベブー”

 

すごくすごく簡単に言うと、

一つ一つの言動の選択源が「愛」であるのか

それがとても大切だなと改めて思いました。

チームメイト同士のやりとりもそうだし、

商品が本当に好きで、それを広めたいか、

その思いも愛です。

 

小松屋さんはまず、社長の愛が浸透していて、

従業員が誇りと熱い想いを持ち、

イキイキと仕事をされている、

素敵な会社だと改めて思いました。

 

長らく話をしてくれたマリちゃんは、

私のワインの好みも知ってくれていて、

個別にワインをチョイスしてもらったり、

普段から細かいフォローや提案をしてもらっています。

すごく頼もしい存在です!


今年何度かは、

ビオワインの美味しさを知ってもらうイベントを

企画しようと思っています。

 

大地と生産者の愛が詰まった、

小松屋さんの熱い想いを乗せた格別なビオワインを、

知っていただきたいです。

 

小松屋さんはワインを販売するだけでなく、

フランスで自社のワインを造るという

長年の夢も叶えました。

来週はフランスでワインを造っている社員さん、

岩田くんのイベントがあるので勉強のためにも伺いたいと思います。

 

ブラッスリーブーにはビオワインがたくさんあります。

酒屋さん直営なので、レストラン価格よりも安く飲めますよ!!

持ち帰り用にも購入できます!

ビオワインがこんなに揃っていて

購入できる店なんてそうないです。

 

 

目安でいうとボトル1本5000円前後くらいでチョイスすれば

ビオワインの本当の良さが伝わると思います。

3000円ほどでも美味しいものはあるけど、

クオリティーでいうと、その2000円の差は大きいです。

 

良かったらお誘いください、一緒に行きましょう!

 

http://brasserie-boo.com/

ブラッスリーブー

西梅田店:06-6348-1159

     大阪市北区梅田2丁目4-13 阪神産経桜橋ビル1F 

     地下鉄四ツ橋線 西梅田駅 10番出口階段上がる直進3分

     ブリーゼブリーゼのすぐ西隣です!

 

それではまた!